山形県鶴岡市の工務店


by shinwasouken02

雨の上棟式

去る6月8日(木)に N高原のⅠ様邸の
上棟式が行われた。

d0053207_1749542.jpg


入梅の直前で、あいにく愚図ついた天気だった。
せっかくの上棟式なので、お天気を望んでいたのだったが
残念ながら雨が降ってきた。
別荘地である上に、周囲の永住者も少なく
お祝いをするには ちょっと寂しい気がする。
そこで ご近所さんに上棟式のお誘いをしに行った。

午後3時、厳かに儀式はとり行なわれた。
雨が強くなった為、屋根の棟でなく2階部分で
親和創建の社長をはじめ、リーダーのS君と
サポートのH君、施主のⅠ様、スタッフ一同が神前に
並び式次第にのっとって行っていった。

d0053207_17493450.jpg


d0053207_175077.jpg


最初は、スタッフだけだったが ご近所の方々が
雨にもかかわらず、集まって来てくれた。
1階で準備をしていた親和創建のWさんが
みんなを建物内に招き入れた。

2階で滞りなく儀式を終了し、お神酒を飲んで
クライマックスの餅まきをやった。
口々に  『おめでとうございます。』
『良かったですね。』のお祝い声と
『いえいえ、ありがとうございます。』と、それに答える
施主のⅠ様の照れくさそうなお礼の声。

ご近所の方々から
『工事期間中、楽しみに見させてもらっています。』

『出来上がったら、是非見せて下さい。』

『うちはここの奥です。最初は別荘でたまに来る予定だったけど
隣の永住者の○△さんに誘われて、永住してしまいました。』

『ここは、季節の節々が楽しめてすごくいいところですよ。』 など等
地域の人たちと話がはずんでいた。


家を創る。それは、きっとこんな人の輪を創っていくことだと思う。

またひとつ、そんな人たちのお手伝いが出来たことを
みんな心に刻み、誇りに思ったことだろう。

雨の中、大変だったけど・・・いい思い出になる。

みんな、ありがとう。そして、お疲れ様でした。
by shinwasouken02 | 2006-06-20 09:04 | お施主様とともに | Comments(0)